飯田橋の歯医者 竹内歯科クリニック お問い合わせ サイトマップ

飯田橋にある歯医者[竹内歯科クリニック]は、患者の皆様とのコミュニケーションを大切にしながら治療を行っております。

ホーム
クリニック案内
院長紹介
診療内容
コラム
よくあるご質問
アクセス

竹内歯科クリニックへのご予約の方はこちらへ

【竹内歯科クリニック 所在地】
東京都新宿区揚場町1-13
ミヤコビル3階

「飯田橋」駅から徒歩2分
地図はこちら
診療内容


虫歯治療

◆麻酔

一般的に虫歯治療には痛みを伴いやすく、治療に際して注射による局所麻酔を行っていることが多くあります。しかし一方で、その局所麻酔をすること自体が苦痛であると訴える患者さんもいらっしゃいます。

当院ではまず、ゼリー状の表面麻酔薬を使用し、予め粘膜の知覚を鈍麻させた後に局所麻酔薬を注入致します。また更に麻酔薬の温度、刺入点の位置、粘膜の引っ張り具合、注入速度を考慮し痛みを極力減らす試みをしています。

◆虫歯検知液

虫歯はとても小さな細菌が歯の表面に集まって付着し、酸を出すことによって生じる、いわゆる細菌感染です。従って歯のどこまで及んでいるか肉眼で確認することは困難です。

当院では虫歯の部分だけを赤く染める虫歯検知液を使用しており、健康な歯質を残しつつ虫歯だけを取り除きます。

歯周病治療

歯周病は虫歯と同様に口の中の細菌によっておこる細菌感染です。厚生労働省により生活習慣病の一つとされています。
歯周病の痛みは、疲れた時、ストレスがたまった時、食生活が乱れた時など、自己の免疫力と歯周病菌の感染力とのバランスが崩れた時に現れてきます。歯周病はその名の通り歯の周りの病気であり、症状としては

・歯肉からうみ、血が出る
・歯が揺れてくる
・歯肉が腫れてくる
・歯が浮いた感じがする

などがあります。当院では歯周病治療のフローチャートに従い治療をし、メインテナンスまで行っております。

歯の欠損に対する治療

虫歯、歯周病、外傷、先天的欠如などの要因により、歯の欠損が生じると、前歯ではとくに審美的に、臼歯では機能的な障害が起こってきます。このような歯の欠損に対する治療法としては以下のような方法があります。

◆ブリッジ

歯の欠損に隣接する歯を土台として橋渡しをする治療法です。

利点・・・とりはずしできないので、手入れの煩わしさがない
欠点・・・ 隣接する歯を削る必要がある場合が多い      
ブリッジ下の清掃が重要


◆義歯

一般に取り外すことができる入れ歯と呼ばれる治療法です。当院では義歯を中心としてトレーニング及び経験を積んできた歯科医師がおり、部分入れ歯、総入れ歯、見た目を重視した入れ歯など、幅広く対応することができます。

利点・・・ 取り外すことができるので清掃が容易
隣接する歯を削る必要が無い、または少ない
欠点・・・取り外す煩わしさがある

◆インプラント

人工の歯根(チタン製)を顎に植え、更に被せ物をする治療法です。

利点・・・ 取り外す煩わしさがない
自分の歯と同じように咬むことができる
隣接する歯を削る必要がない
欠点・・・ 自費診療のみのため費用がかかる
小手術を行う必要がある
全身疾患の有無、顎骨の状態によって適応となる方と適応にならない方がいる

※当院ではインプラント治療のスペシャリストである相川歯科医院の相川先生と連携してインプラント治療を行っています。

歯並び治療(歯の矯正治療)

歯並びの不正は、審美的にも機能的にも様々な問題を引き起こしてきます。または並びの悪い部分はプラークコントロールが難しく、虫歯や歯周病に罹りやすくなります。
これらを改善及び予防することが矯正治療の目的です。当院では月数回、矯正の専門医が治療を行っています。

有病者の治療

現在の日本は医療技術の進歩により平均寿命が延び、年配の方が急激に増加し、超高齢化社会となっています。
またそれに伴い高血圧、糖尿病、心疾患などの生活習慣病を中心とした全身疾患を有す方も増えています。

歯科治療に際して、そのような全身疾患を持つ患者さんに対応できるよう、当院では東京医科歯科大学の障害者歯科、高齢者歯科に在籍経験のある歯科医師がおり、各疾患に応じた治療を行っております。

歯科治療が怖い人への治療

口の中は敏感な部位であり、また歯はほとんど痛みしか感じない器官です。従って過去に歯医者でつらい思いをした方や、痛みに敏感な方は歯科治療を受け入れ難くなってしまうことがあります。
しかし虫歯や歯周病などを放置しておくと、ひどくなってからではもっと大変で時間のかかる処置とならざるを得なくなってしまいます。

当院では、まず患者さんと十分にお話をし、可能な範囲内で少しずつ治療を始めていきます。また常習性の無い笑気ガスを用いた笑気鎮静法を行い、患者さんをリラックスした状態にして歯科治療を行います。段階的に歯科治療を受け入れていくことで、恐怖心を極力少なくし、また患者さん自身の許容範囲を広げていくよう努めております。

見た目の治療(審美歯科治療)

近年歯科の分野において、患者さんの中にも「審美性」という概念が浸透し、重視されるようになってきました。患者さんのご希望としては

・ 歯を白くしたい。
・ 入れ歯の金属が見えないようにしたい。
・ 歯並びをよくしたい

などが多くあります。当院ではできる限り患者さんのご希望に沿うよう、保険診療だけでなく自費診療を併用することで対応しております。